認定証の作成を学ぶ

合格認定証を紛失した際の正しい対応は?

合格認定証を紛失した際の正しい対応は? 合格認定証を紛失したり、汚れて使い物にならなくなった場合に取るべき対応として正しいのは、遺失届を提出した後、認定証の再発行を申請することです。
遺失届は、最寄りの警察署や交番に行けば手に入れることができます。
ここには、届出者の住所、氏名、電話番号や、なくしたと思われる日時と場所、なくした物品の内容などを、覚えている範囲内で記載します。
もし、落とした合格認定証がみつかったら、身分証明書や、警察から届いた遺失物が見つかったことを知らせる書類などを持参して、指定された場所まで取りに行きましょう。
遺失届を出してしばらく経っても合格認定証が見つからない場合は、合格通知書などといった自身が合格者であることを証明できる書類を添付し、発行元に再発行の申請をしましょう。
ただし、発行元の中には、再発行できる期間や回数に制限を設けてたり、再発行自体を認めていないところもあるので、発行元のホームページなどで手続きのとり方をよく確認しておきましょう。

無くした認定証の再発行はできる?

無くした認定証の再発行はできる? 認定証の活躍するシーンは資格取得や医療制度など様々なシーンで活躍し、認定された者であることを証明するためのものです。
個人が発行するよりも各種機関や団体が発行することも多く、該当する人が申請すれば貰えたりする特徴があります。
認定証と言えば、額縁などに入れて置ける様な賞状形式の紙でできたタイプが多いです。
本来なら無くしたりすることはあまりないですが、現在は急速にカード形式の認定証が普及していることもあり、場合によっては破損したり、無くしてしまうことも考えられます。
ただ一度発布された認定証は再発行できるかについては、各種機関や団体の方針に寄ることも多いのが実情です。
認定は固有の番号で管理されていることもあり、名前などで照会して認定された方であるかの確認を行うこともできます。
そのため多くの機関や団体では所定の手続きを行えば、再発行することができる場合がほとんどとなります。
なお再発行する場合には、申請の手続きと手数料を必要とするため注意が必要です。

新着情報

◎2018/6/1

履歴書の資格欄を記入する
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

認定証の印鑑の意味
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

認定証を入れる額縁
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

受け取るときのマナー
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

プラスチックタイプの認定証
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「認定証 再発行」
に関連するツイート
Twitter